Audio

Sony XBA-N3 購入

新しいインイヤー型の有線接続イヤホンを購入しました。

ソニー / XBA-N3

インイヤー型の有線接続イヤホンは、久々に購入したWhizzer Kylin HE01を楽しく使っています。ただ、Kylin HE01は付属ケーブルが3.5mmアンバランス接続で、バランス接続のためにはリケーブルを購入する必要があります。HE01のコネクタは2pinタイプでリケーブルの選択肢が少ないですし、なによりリケーブルのお値段がイヤホン本体のお値段に見合いません。1万円のイヤホンに1万円以上のリケーブルというのは、今ひとつ納得がいかないというか。

そんなわけで、ソニーのMMCXコネクタ対応のハイレゾイヤホンが気になっていたのでした。ラインナップされている中ではXBA-N3が価格と性能のバランスがよく、店頭で試聴した際も好印象でした。耳掛け式ではなく装着性がよいのも気に入りました。

ただ、XBA-N3は発売が2016年でかなり時間がたっているんですよね。今も現役を張っている優秀なイヤホンという見方もできますが、新しもの好きとしてはイマイチそそられません。買った途端に新機種発売となれば、目も当てられないですしね。

そんな悩みを抱えながらXBA-N3の新機種を待つつもりになっていたところ、たまたまXBA-N3がお買い得な値付けで売り出されていたので、勢いで購入してしまったわけです。ソニーのオーディオ製品は秋の発表で、現時点で新機種の発表はありません。次に新機種が発表されたとしても1年くらいは現役として使い続けられるという割り切りも背中を押してくれました。

高級感のあるパッケージは、さすが高級イヤホンといったところです。

有線接続のイヤホンでは、私にとって初めてのバランスド・アーマチュア・ドライバーユニット採用型イヤホンです。無線接続ならWI-1000XM2がバランスド・アーマチュア・ドライバーユニットとダイナミックドライバーユニットの組み合わせで、似たような構成です。いわゆる1BA + 1DDってやつですね。

外観は独特な形状です。円筒形に飛び出した場所に、ダイナミックドライバーユニットが収められています。同じ空間に音響管が配置されていて、振動板背面の空気をコントロールし、豊かで最適なバランスをもった中音域と、2つのドライバー間の自然な音のつながりを可能にしているとのこと。

型番はゴールドの印刷で高級感があり綺麗です。所有欲を満たしてくれます。

イヤーピースは、ハイブリッドイヤーピースとトリプルコンフォートイヤーピースが付属します。それぞれS/M/Lの3サイズ展開です。ひとまずトリプルコンフォートイヤーピースを使うことにします。社外品のイヤーピースもいろいろ試してみたいですね。

イヤホン本体以外に、割としっかりしたキャリングケースが付属します。外出するときはワイヤレスのヘッドホンやイヤホンを使うので、このキャリングケースを使うことはなさそうです。

音の方は、ソニーらしい楽しい音です。低域と高域にメリハリの効いた、パンチとインパクトに溢れる音ですね。悪く言うとドンシャリですが、そういう味付けだと納得すればヨシ。装着感のよさは、まるでイヤホンをつけていないかのようで、大満足です。イヤホン本体がコンパクトで軽量なうえに、ケーブルも細身なので、全体として軽い装着感を実現しています。

ワイヤレスでもLDACを使えばハイレゾ級の高音質を楽しめます。とはいえ、有線接続の安定性と情報量の多さはワイヤレスをしのぐもの。ワイヤレスの利便性もよいものですが、有線接続で落ち着いて上質な音を楽しむのもよいものです。最近、音を楽しむ気持ちが高まっているので、色々試しながら使い込んでいこうと思います。

ソニー / XBA-N3

ソニー / XBA-N3

41,000円(09/26 05:28時点)
Amazonの情報を掲載しています

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。