【1日目】国道最高地点「渋峠」と雪の壁

過去のライドを紹介するシリーズ、今回は「渋峠」です。

渋峠は、群馬県と長野県の県境にある峠です。標高が2172mあって、国道292号が通過しており、日本全国の国道で最も標高が高い地点、国道最高地点です。このため、ロードバイクやオートバイが集う、ツーリングスポットになっています。国道292号、志賀草津道路は日本でも有数の山岳道路で、森林限界を超えたところは見晴らしが良く、日本とは思えない絶景です。また、周辺には草津温泉や湯田中温泉など温泉もおおく、殺生河原や志賀高原など観光地もたくさんあり、1日では遊び尽くせないほどです。

さて、そんな渋峠ですが、標高が高いため冬の間は閉鎖されてしまいます。具体的には、11月上旬から4月下旬ごろまでが冬季閉鎖です。そして、冬季閉鎖が開場された直後、ここでしか見られない絶景が見られるのです。今回は、その絶景と国道最高地点を制覇するため、渋峠に行ってきました。

さて、渋峠に行くと決まれば、アクセスルートを検討します。長野側と群馬側のどちらかから選ぶことになります。自走で行くような根性はないので、最寄り駅まで輪行することにします。

長野側はJR長野駅か、長野電鉄の湯田中駅が最寄りです。ルートは一本道で単純ながら、30kmかけて2000mを登り続ける、過酷なヒルクライムルートです。一方、群馬側はJR長野原草津口駅が最寄りです。草津温泉まで10kmかけて500mほど、そこから20kmかけて1000mほどのヒルクライムルートです。始発を使ったとしても、観光する時間を取ると最終電車に間に合わないため、いずれにせよ宿泊が必要です。となれば、楽に登れる群馬側を選ぶことにしましょう。

というわけで、長野原草津口まで輪行して、自走で草津温泉に行って一泊、翌日の朝から渋峠を登って長野側に抜け、湯田中から長野経由で帰る、一泊二日の行程に決めました。

新大阪駅にて

新大阪から東京まで、新幹線で輪行します。輪行の準備もずいぶんと手慣れてきました。

ヨコオ 厚切りビーフカツサンド

朝ご飯は、新大阪の駅構内で買った、ヨコオの厚切りビーフカツサンドです。開店早々に購入したため、なんとできたてです。ほのかに温かい。しっとりしたパンとビーフカツの組み合わせが最高です。カラシをつけると、また違った魅力が楽しめます。

特急草津

東京から上野東京ラインを使って上野まで移動し、特急草津に乗車します。あとは長野原草津口まで2時間半の旅を楽しむだけです。

特急草津

輪行袋は、最後尾になんとか収まりました。最前列になったときに使うテーブルが邪魔で、リクライニングが厳しいですね。今回は隣が空席だったので問題ありませんが、隣に人がいた場合、置き方を工夫する必要がありますね。

特急草津

連休の合間だからか、車内に人はまばらです。

穴子飯

さて、お昼は穴子飯。上野駅で購入しました。特急の始発駅だけあって、お弁当売り場が充実しているのが嬉しいですね。

長野原草津口駅

無事に長野原草津口に到着しました。草津温泉の玄関口だけあって、すでに温泉気分が高まる演出が随所にこらされています。他のお客さんは、特急に連絡しているJRバスで草津温泉に向かいますが、私はここからロードバイクなわけです。

長野原草津口から草津温泉までのルートは二種類ありますが、今回は東側のルートにしました。距離はかさみますが、その分斜度が緩いルートです。翌日は国道最高地点へのヒルクライムが待っていますから、少しでも消耗しないようにとの考えです。後から振り返ると、この配慮は無駄だったのですが、このときは知るよしもなく。ちなみに、このルートは補給できる場所が少なく注意が必要です。お宿花まめを過ぎると、草津温泉まで5kmほど、自販機すらありません。水分補給は計画的に。

無事に草津温泉に到着、勢いに乗って渋峠に向かってみたものの、ここまでのヒルクライムで脚を消耗していたため、引き返しました。17:00のゲート封鎖に間に合わない恐れが高そうでしたしね。なお、現在は白根山の噴火警戒レベルが下がったため、通行規制が解除され終日通行可能になっています。

草津温泉 湯畑

夜の草津温泉をぶらぶらした後に天気予報を見ると、明日の渋峠は荒れ模様ですね。高所で無理は禁物ですから、もう一泊して天候の回復を待つことにしました。これで十分足を休められますし、草津温泉をゆっくり観光できます。

渋峠ライドの2日目です。悪天候のため1日延泊することにしたので、今日は丸一日フリーです。さっそく草津温泉をぶらぶらと観光することにします。 ...
渋峠ライドの3日目です。 草津は昨日の午後から引き続き快晴で、渋峠もよい天気。通行規制も8:00ちょうどに解除されて一安心です。このまま通...

スポンサーリンク

フォローする