Audio

静寂の中でストレスなく音楽を楽しむ完全ワイヤレスヘッドフォン「Sony WF-1000XM3」購入

新しいヘッドフォンを購入しました。

ソニー SONY ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WF-1000XM3

ソニーの完全ワイヤレスヘッドフォン「WF-1000XM3」です。

先日、スポーツ用の完全ワイヤレスヘッドフォン「WF-SP900」を購入しました。ランニングや室内トレーニング、ローラー台などのワークアウトで音楽を楽しむために、毎回かかさずに使っていました。左右のヘッドフォンをつなぐケーブルがないだけで、これほど快適になるのかと、目から鱗が落ちました。

スポーツ用完全ワイヤレスヘッドフォン「WF-SP900」購入スポーツ用にヘッドフォンを購入しました。 ソニーの完全ワイヤレスヘッドフォンから、WF-SP900です。ソニーの完全ワイヤレス...

そうなると、普段使いでも完全ワイヤレスヘッドフォンが欲しくなるわけです。WF-SP900を普段使いにする手も考えたものの、やはりノイズキャンセルが欲しい。特に電車の中で使うときには、ノイズキャンセルが必要です。

完全ワイヤレスでノイズキャンセル付き、そんなヘッドフォンを探していたところに、ちょうどWF-1000XM3が発売されて、世間の評判もよさそうだったことから、思い切って購入してしまいました。

WF-1000XM3のカラーバリエーションには、プラチナシルバーとブラックの二種類があります。今回は耳元への収まりがよさそうなブラックを購入しました。プラチナシルバーも上品でよい色で、最後まで迷いましたね。

パッケージは、中箱を横から取り出す方式です。新鮮に感じます。

中箱には、ヘッドフォンとケースが収められています。ケースにはバッテリーが内蔵されていて、ヘッドフォン本体を3回充電できます。ヘッドフォンのバッテリーで6時間の稼働時間がありますから、合計で24時間の稼働時間が確保できます。

ヘッドフォンの本体です。左右が分かるように、LRの表示が印刷されています。ゴールドに縁取られた穴が外音取り込みのマイク、隣の黒いマルに見える部分が操作ボタンです。操作ボタンには様々な操作を割り当てることができます。

ヘッドフォンのドライバー側です。ゴールドの端子が充電の接点です。ケース側の接点とつながって、ヘッドフォンのバッテリーを充電するわけです。充電トラブルを避けるため、いつもキレイにしておきたい部分ですね。

ドライバーの近くには、ヘッドフォンを装着しているかどうかを検出するセンサーがあります。このセンサーを使って、耳から外してしばらくすると自動的に電源が切れる設定ができます。限られたバッテリーを活用するため、まめな電源オフを助けてくれる機能は嬉しいですね。他にも、ケースに入れると自動的に電源がオフになって充電が始まります。

ソニーもようやく使い勝手に気を遣うようになったか、と思うと感無量です。

ヘッドフォンのケースです。ゴールドとブラックをあしらった上品なデザインです。自立する方向が限られているのが難点です。机の上で充電するときに、なんだか座りが悪いんですよね。

ヘッドフォンと充電ケースには磁石が仕込まれていて、軽く差し込むだけで所定の位置におさまります。接触不良による充電トラブルとは無縁でいられそうです。

交換用のイヤーピースです。装着感にすぐれたハイブリッドイヤーピースロングと、遮音性が高く長時間の装着に適したトリプルコンフォートイヤーピースの二種類が添付されています。私の耳だと、Lサイズが適切でした。ハイブリッドイヤーピースロングのLサイズを当面つかうことにします。

手持ちのiPhoneとのペアリングは、Headphonesアプリを使ってスムーズに完了できました。ファームウェアのアップデートも自動で進めてくれて、ストレスなしです。音の方も満足いく音でした。全域にわたって素直で透明感のある音で、聞いていて疲れません。さらにDSEE HXを有効にすると、ハイレゾさながらのヌケの良さを楽しめます。

ノイズキャンセルの性能も、さすがクラス最高水準をうたうだけのことはあります。ノイズキャンセルを有効にした瞬間、周囲の雑音がスッと引いて音楽だけが残り、静寂の中で音楽だけに集中して楽しめます。手持ちのオーバーヘッドタイプ「WH-1000XM2」と比べても、ひとつ上のノイズキャンセル性能を感じますね。さすが第三世代といったところです。「WH-1000XM3」が欲しくなって困りますね

音飛びや音切れも、今のところ気になるほどではありません。ただ、満員電車など電波環境の厳しいところでは未知数です。近いうちに試してみようと思います。

コンパクトで高音質、完全ワイヤレスでストレスゼロ、ノイズキャンセルと、いつでもどこでも最高に音楽を楽しむためのヘッドフォンが「WF-1000XM3」でした。これを機会に音楽にふれる機会を増やして、音楽で気分を盛り上げていこうと思います。定額制のサービスにも加入してみようかな。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です