My Equipment

SIGMA 35mm F1.4 DG DN | Art

久々に新しいレンズを購入しました。SIGMAのArtライン35mm単焦点レンズです。

35mm F1.4 DG DN | Art | レンズ | SIGMA | 株式会社シグマ

SIGMAのArtライン35mm単焦点レンズと言えば、なんといっても2012年にリリースされた35mm F1.4 DG HSM | Artでしょう。Art、Sports、Contemporaryという3つのラインを設定したSIGMA GLOBAL VISIONの原点とも言える名レンズです。私もニコンFマウント用を購入し、マウント交換サービスでソニーEマウント用にマウント交換して愛用してきました。35mm F1.4 DG DN | Artは、その名レンズのミラーレス専用設計版です。

ミラーレス専用設計とはいっても、このArt F1.4 35mmは劇的に軽くなったり小さくなったりはしなかったので、買い換えずに使い続けようと思っていました。一方、軽くて寄れるソニーの35mm F1.4 GMが気になってきていました。とはいえ、手元にはソニーの35mm F1.8、35mm F2.4 ZA、SIGMA 35mm F1.4 DG HSM | Artと35mmの単焦点レンズが3本もありますし、GMレンズは手を出すには高価すぎます。ならSIGMAの35mmをミラーレス版に買い替えればGMレンズよりもお手頃な出費で欲望を満足できるのでは、と思いついてしまって購入となったわけです。

ものとしては安定のArtライン品質です。DG HSMと比べると、FOCUS/AFLスイッチと絞りリングが追加され、操作性を高めています。絞りリングは絞り優先モードでの撮影が捗りそうで、使ってみるのが楽しみです。

絞りリングには、位置を固定できるロックスイッチと回転時のクリック感を調整できるクリックスイッチがついています。絞りリングを不意に回転させてしまうこともあるので、ロックスイッチはうれしい気配りです。

燦然と輝くArtラインのエンブレムです。すっかり馴染みになりました。いつも通りの品質が期待できそうです。

フィルター径はDG HSMと変わらず67mmです。各種フィルターを継続利用できてありがたい。タムロンのレンズもフィルター径67mmが多いので、67mmのフィルターを使い回せてさらにありがたいですね。

DG DN(左)とDG HSM(右)の比較です。長さにして9mm短く、重さにして130g軽くなっています。光学系も変更されていて、新たにELDガラスのレンズが追加採用されています。カメラで補正できる収差はカメラの補正に任せて、カメラで補正できない軸上色収差を中心に補正する設計思想とのこと。

フォーカス駆動にはステッピングモーターを採用して、フォーカスレンズは1枚にすることで軽量化し、すばやくピントが合わせられます。

ボディとのバランスも良好です。130gというと大した軽量化ではないように感じますが、実際に持ってみると数字以上に軽くなったような気がします。光学系の変更で重量バランスが変化していることも影響しているのかもしれません。

最近は、高倍率の便利ズームやF2.8通しのズームレンズを使うことが多く、せっかく揃えた単焦点レンズも防湿庫の肥やしになりがちです。COVID-19の感染状況やワクチンの接種状況しだいで気兼ねせず外出できる状況になったら、単焦点レンズを何本か持ち出してゆっくり撮影に出かけたいものです。

SIGMA 35mm F1.4 DG DN | Art

SIGMA 35mm F1.4 DG DN | Art

86,064円(10/26 14:16時点)
Amazonの情報を掲載しています

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です