My Equipment

シグマのマウント交換サービスで35mm F1.4 DG HSM | ArtをソニーEマウントに対応

Eマウントへの一本化を決断したので、手持ちのシグマレンズをマウント交換サービスでEマウント対応にしました。

マウント交換サービスは、対象レンズのマウント部と内部の基幹部品等を交換・調整して、新たなカメラ用に最適化してくれるサービスです。レンズを買い直すよりも安価にマウントを交換できるため、レンズへの投資が保護できます。数々のマウントに対応したレンズをリリースしているシグマならではのサービスですね。

サービス料金はレンズごとに設定されていて、手持ちのシグマレンズ「35mm F1.4 DG HSM | Art」だと税込み23760円です。サービスを利用するには、カスタマーサポートへ修理を依頼する場合と同様、会津工場へ郵送するか、川崎のカスタマーサポート窓口へ持ち込むかのどちらかです。作業が完了したら、佐川急便のe-コレクトサービスで返送されてくるので、サービス料金を代引きで支払います。

作業期間はだいたい2週間程度とのこと、今回はそれよりも早く返送してもらえました。

ニコンFマウントからソニーEマウントへマウント交換すると、レンズの全長が長くなり付属のレンズケースが使えなくなります。そのため、レンズ交換サービスと同時に1080円でEマウント対応のレンズケースが購入できます。せっかくなので購入してみました。

レンズケースの中からは、Eマウント化されたレンズが登場。

レンズリアキャップもEマウント用です。ちなみにリアキャップは追加で付属するため、当初のFマウント用リアキャップが返却されてきました。使い道はあまりありませんね。大事にしまっておくことにします。

最初からEマウント対応だったかのような仕上がりです。公式サービスだから当然とはいえ感心します。

おまけでクリーニングクロスもいただいてしまいました。

ネイティブEマウント対応したおかげで、AF-Cを含めたオートフォーカスへのたいおうや、フォーカスリング操作時のフォーカスアシスト起動など、ソニー純正レンズと変わらない使い勝手が得られました。マウントアダプターに比べると剛性も上がっていますね。

ボディは変われどレンズは同じ。レンズの資産価値を高めてくれる、うれしいサービスでした。これからも新しいボディでたくさん写真撮影を楽しみたいと思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です