Tamron 28-200mm F/2.8-5.6 Di III RXD

ハワイの景色を一望!ダイヤモンドヘッドに登山してきた!

この夏、ホノルルセンチュリーライドに参加するためにハワイに行ってきました。割と自由時間のある行程を作ったので、ライド以外にいろいろと観光してきました。ハワイといえば名所だらけですが、外せないのは今回紹介するダイヤモンドヘッドです。

ダイヤモンドヘッドは、約30万年前に火山の噴火でできた山です。標高は232mでトレッキングコースの長さも1kmちょっと、ホノルル中心部からはバスで簡単にアクセスできるうえ、展望台からの眺めは抜群ということもあり、人気の観光地になっています。そんな人気観光地のダイヤモンドヘッドに、自由時間を使って行ってきました。

ダイヤモンドヘッドに登山するためには、今は予約が必要です。料金は、1人あたり$5、駐車1台で$10です。昔は$1でしたが、最近値上がりしました。予約サイトから日付と時間帯を選んでクレジットカードで決済すると、指定したメールアドレスにQRコードが届きます。QRコードを受付で確認してもらってトレッキングコースに入るわけです。

About Diamond Head State Monument Reservations

ダイヤモンドヘッドにはいろいろな方法でアクセスできますが、今回はザ・バスを利用しました。ワイキキからは2番か23番のバスに乗って、KCCまたはDiamond Head Centerバス停で下車します。公園沿いにダイアモンド・ヘッド・ロードをしばらく歩いて行くとDIAMOND HEAD STATE MONUMENTの入り口が見えてきます。

しばらく進むと、カハラ・ルックアウト、いわゆる展望台があります。

カハラ・ルックアウトは、高級住宅街のカハラ地区とココヘッドを見渡せる絶景ポイントです。

この日は晴れで、風景もキレイに見渡せました。日差しが大変強いので、水分補給と日焼け止めは念入りに。

さらに進んで、トレッキングコースの入り口に到着です。売店やトイレがあります。トイレはここが最後なので、もれなく済ませておくべし。

準備できたらトレッキングコースを進んでいきます。足元は舗装されていない岩肌ですが、さほど砂利っぽくはなくスニーカーで十分歩けます。斜度もキツくないので、のんびりハイキングするのにぴったり。ただし暑いです。

進んでいくと徐々に高度が上がり、見える風景も変わってきます。写真の右下にトレッキングコースが見えますね。人がすれ違えるくらいの幅があり、手すりも整備されているので安心。

トレッキングコースは、要所要所に展望台として整備されたひらけた場所があります。展望台ごとに休みながら進めば、それほどキツくは感じません。

割とすんなり山頂まで辿り着けました。

眼下には太平洋が広がっています。

打ち寄せる波の白と、海の青の対比が素晴らしい。見ていて飽きません。

そして目を向けるとご覧の通り、ホノルルの市街地が一望できます。絶景ですね。ワイキキビーチとワイキキの街が一望できます。これぞハワイという美しい景観です。

自分が泊まっているホテルはどれかなー、とか、こないだ行ったあの店はどこかなー、など、あれこれ考えながら眺めるのも乙なものです。

ワイキキの街の向こうに見えるのは、パール・ハーバーとオアフ島西部の山々です。今回は足を伸ばせませんでしたが、次回は西部にも行ってみたいものです。

眼下に目を向けると、行きに通ってきたセンターが小さく見えます。こうしてみると、クレーターであることがよく分かります。ココヘッドも同じくクレーターとのこと。ココヘッドも今回は行けなかったので、つぎこそは。

山頂からの絶景を堪能した後は、来た道を引き返して麓まで下り、バスでワイキキの街に戻りました。市街地から気楽にアクセスできて、1時間程度のトレッキングでこれだけの絶景を楽しめるのですから、人気の観光スポットだということも納得です。次もまた来たくなりますね。次はぜひ土曜日開催のKCCファーマーズマーケットや、周辺のお店にも挑戦してみたいと思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です